鳳凰単叢 酔佳人

2007年 秋摘みの鳳凰単叢。

スポンサードリンク

鳳凰単叢 酔佳人

鳳凰単叢 酔佳人

2007年 秋摘みの鳳凰単叢です。
鳳凰単叢はたくさん種類があって、香りによって「白桃香」だとか、「密蘭香」というように形容されるのですが、今回はちょっと変わって、「酔佳人」というものです。香りの名前じゃないですね^^

今回の酔佳人は、発酵の浅い葉と深い葉を分けて作り、最後にバランスよく混ぜ合わせて仕上げる、という独特な製法で作ってるんです。

ではなぜ酔佳人というのか?というと、飲むと口の中が潤って、二日酔いに効くと言われてるんですね。
広東省では、紹興酒や白酒のチェイサーとしても使われるお茶だそうです。

で、早速飲んでみました。
飲む時は口当たりが軽く、飲みほすと重みや渋味が後からきます。
飲んだ後は、ほろ苦さや、甘さ、香ばしさが残ります。
こんな風に、飲み始めから飲み終わりへの変化が激しいのは、発酵の度合いが違う葉が作用してるからなんでしょうねヽ(´▽`)ノ

▽鳳凰単叢 酔佳人 のキーワード

▽次の記事、前の記事

黄山毛峰 | ティーソムリエ、安田ひと絵先生

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!