凍頂烏龍で飲み比べ

凍頂烏龍を水の硬さを変えて飲み比べしました。

スポンサードリンク

凍頂烏龍で飲み比べ

凍頂烏龍

昨日に引き続き、水の飲み比べです。

昨日、硬水では紅茶の香りが広がらないことがわかったので、次はより香り重視のお茶で、
よりその違いを明確にしようと思い、凍頂烏龍で試しました。

今日用意した水は

(1) 郷の渓流(硬度10)
(2) 100%深層水(硬度700)
です。

昨日の結果から行くと、おそらく700の水じゃ香りが立たないはずです。
同じ条件で入れて飲んでみると。。

意外や意外!硬水でも香りが立ってます!軟水とあまり変わらなかったです!
でも味はと言うと、まとまっていません(>_<)波打ち際に当たっている光みたいに、ばらばらな味。
これは美味しくないです。やっぱり軟水の方がいいですね。

でも香りが立ったのが意外だったなあ。
紅茶の時の、口の中に広がる香りとはまた別物なのでしょうか?

▽凍頂烏龍で飲み比べ のキーワード

▽次の記事、前の記事

ダージリンで硬度別飲み比べ | イングリッシュミルクティ牛乳別飲み比べ

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!