陳年凍頂烏龍茶

陳蔵12年の凍頂烏龍、清香系と全然違い、岩茶みたいでした!

スポンサードリンク

陳年凍頂烏龍茶

陳年凍頂烏龍茶

写真の上の茶葉が陳蔵12年の凍頂烏龍です。
下は普通の凍頂烏龍。比較すると全然違います。

珍年凍頂烏龍は、1度普通の凍頂烏龍を作った後、1年寝かせて焙煎、
また1年寝かせて焙煎という繰り返しを行います。
そのために茶色っぽい茶葉になっているんですね。
黒茶のように、菌類発酵を狙っているわけではありません。

焙煎の仕方も、そのときの気候条件や、茶葉の状態によって、温度、時間が違うそうです。
うまくできてないと、いぶし臭しかしない茶葉になってしまいます。

丸く柔念した茶葉を焙煎するので、外は茶色、中は緑色になっています。
そのため、品の良いほうじ茶の香りがし、味は岩茶のような、岩韻のようなものを感じます。
パンチのある味が出てます。
水色はこんな感じ。

凍頂烏龍の水色

清香で作られた凍頂烏龍とは全然違いますね。
何も言わずに出されたら、岩茶と間違えると思います。
お茶の可能性って、幅広いですね〜。

▽陳年凍頂烏龍茶 のキーワード

▽次の記事、前の記事

観音王 | 信陽毛尖

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!