鳳凰単叢(桂花香)

2006年5月摘み。ウードン村産、鳳凰単叢(桂花香)

スポンサードリンク

鳳凰単叢(桂花香)

鳳凰単叢

2006年5月摘み。ウードン村産。
鳳凰単叢は、鳳凰山で詰まれた、鳳凰水仙種の単叢茶。
単叢茶というのは、の茶樹を1株ずつ製茶した茶葉のことです。
なので、それぞれの木の環境の違いから、花香、果実香、スパイス香等、
特徴が多岐にわたるので、ひとことに鳳凰単叢と言っても、いろいろあるんです。
80種は超えると言われていますね。

今日はそのたくさんある中の一つ、桂花香。
桂花とは、キンモクセイのことです。
お茶の香りの中にほのかな桂花の香りがし、後からしっかり茶の味がして、口の中に甘みが残ります。
「ほのかな」というのがポイントです。
桂花香の香りは、着香した香りとは違い、焙煎の時に自然な桂花の香りが生まれるそうです。

お茶の香りには

 1. 茶葉自体から香りがするもの。
 2・ 花等を重ね置きして着香したもの。
 3. 人工的に香料をまぜたもの。

の3つがあると思います。

安物や、お茶屋さんじゃない所で売っている茶葉には
3のようなものが売られていますね。
人工的な香りがきつくて、茶葉の味がしません。
お茶好きとしてはとても飲めたものではありません。

2のタイプのものが一番出回っているのではないでしょうか?
2は香りを重視して作るため、1に比べてかなり香りがあります。
1は環境の中から自然とついた香りを焙煎で引き出したものなので、
あくまでほのかな香りが多いです。
(強く香りがついているのもあるかもしれませんが)

なので、2のタイプに慣れ親しんでいる人は、1を飲むと物足りないのかもしれません。
個人的には1のような、お茶本来の味を残しているものがいいですね。

▽鳳凰単叢(桂花香) のキーワード

▽次の記事、前の記事

琉球紅茶 | 玉露白折(八女茶)

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!