信陽毛尖+桃花

甘い杏仁の香りがする、信陽毛尖と桃花のブレンド茶。

スポンサードリンク

信陽毛尖+桃花

桃花

全記事では、信陽毛尖の甘味を活かした飲み方を紹介しました。
次は、同じ信陽毛尖の、桃花ブレンドです。

桃の花は小ぶりなので、くずれないように、
60度〜70度くらいのお湯で淹れるのですが、
その前に、花は虫がつきやすいこともあるので、
温めた器に茶葉と桃花を入れたら、まず最初にさっと洗茶します。

そして、お湯を淹れて、花が萎れないようにふたをはずして待ちます。

そうするともうここで、意外にも杏仁の香りがしますよヽ(´▽`)ノ

飲んでみると、杏仁の香りはのこったまま、ちょっと酸味があり、ほろ苦さもあります。
舌先には、甘い感じが残って、なかなか美味しいです。

▽信陽毛尖+桃花 のキーワード

▽次の記事、前の記事

信陽毛尖 | 茶馬古道TV情報(2008年3月)

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!