太平猴魁

2006年、立夏摘みの太平猴魁。

スポンサードリンク

太平猴魁

太平猴魁

2006年、立夏摘みの太平猴魁です。
お茶の葉は小葉種なのに、かなり大きいんです。

普通で4cmくらいでしょうか?これくらいあります。

太平猴魁の茶葉

というのも、穀雨の頃まで待って、茶葉に栄養分を蓄えたところで摘み取るからだそうです。
摘み取った葉の形をできるだけそのまま残す方法で乾燥しているので、これくらい大きいんですね。

太平猴魁は、その迫力のある名前とは裏腹に、飲んでみると意外とあっさり。
最初は甘みがあるけど、後から花のような香りがします。

2煎目以降はだんだん甘みが強くなってきます。
龍井や、六安瓜片といった銘茶とは全然違う味わいの銘茶です。

おそらく旨みや渋みを多く含んだ緑茶を好んで飲む日本人にはわかりにくいかもしれません。
こういうお茶を作れる中国人は、日本人とは違う繊細さを持っているのかもしれませんね。

▽太平猴魁 のキーワード

▽次の記事、前の記事

ほうじ茶とうふ | 梨山高冷茶

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!