信陽毛尖

河南省の名茶、信陽毛尖。

スポンサードリンク

信陽毛尖

信陽毛尖

京都のラ・メランジェで買いました。
有名なのに、日本ではなかなか見かけないお茶です。

茶葉がかなり細かい針のようになっていて、とても繊細そうなお茶です。
信陽というのは地名ですが、毛尖という名前はそんなところからついたんでしょうか?
「黄山毛峰」や、「雲南毛峰」の、「毛峰」もそんな名前の付け方なのですが、
多分それと同じだと思います。

香りは、龍井のような、栗のような香りがします。
甘みがあって、まろやか。さすが名茶と言われるおいしいお茶です。
透明の蓋碗で入れると、きれいな茶葉が見れるかもしれません。
(我が家では透明の蓋碗は割れてしまったので、見れません。残念)

お金があったら茶壺にこだわるのもいいけど、
碧螺春や龍井のような、美味しくて目でも楽しめるお茶が中国茶には多いので、
やっぱり透明の茶器も必要ですね。

▽信陽毛尖 のキーワード

▽次の記事、前の記事

陳年凍頂烏龍茶 | 易武七子餅茶

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!