しずく茶 - 日本茶

静岡茶、宇治茶等

スポンサードリンク

しずく茶

しずく茶

しずく茶とは、お茶の名前ではありません。
煎茶道でいう「すすり茶」のことですが、しずく茶というのは
福岡県八女郡星野村で呼ばれている名称です。

すすり茶は、明代に中国で蓋椀を使った飲み方が日本に伝わり、発展した飲み方で、
日本ではめずらしく蓋椀を使うんです。

中国茶では蓋椀はめずらしくないですが、日本茶で蓋椀を使うとなんだか不思議な感じですね^^

星野村では4〜5月の1番茶の生産期に20日以上日光遮断して茶の旨みを閉じ込めます。
そして八十八夜の頃に手摘み、手揉みしてできた玉露をしずく茶として飲むんです。

しずく茶 の詳しくはこちら

玉露白折と丁稚羊羹

丁稚羊羹

和た与の丁稚羊羹です。昨日はういろ餅と六安瓜片をあわせてみましたが、
やっぱり和菓子には旨み成分が欲しいと思い、八女茶の玉露白折であわせてみました。

玉露白折と丁稚羊羹 の詳しくはこちら

ほうじ茶とうふ

ほうじ茶とうふ

スーパーの豆腐のコーナーに並んでいました。ほうじ茶とうふです。
普通の豆腐のように味噌汁等に使うのかと思ってたら、よく見たら和風スイーツという文字が!
京都にある和のスイーツの老舗、辻利のほうじ茶を使っているみたいです。

ほうじ茶とうふ の詳しくはこちら

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!